ケノンの底力はサブ機能である “美顔” にあった!

ケノンの基本的な機能は、「脱毛」と言う事は当然周知のことと思いす。
しかしもう一つの機能「美顔」に関しては、単なる “サブ機能” として意外と軽視されがちになっているような気がします。

このサイトでは、『スキンケアカートリッジ』と言う特殊カートリッジを装着することで、新たに生まれる “美顔機能” に焦点を絞ってみていこうと思います。

「スキンケアカートリッジ」ってどんなもの?

《スキンケア(美顔)カートリッジ》
ケノン美顔器
 -スペック-
照射範囲/1.5×3.0=4.5㎠.
ショット数/レベル1;20万発.
      レベル10;約43,000発.

-公式販売サイト価格-
単品購入時/¥6,800-(税込)
ケノン本体同時購入/¥3,700-(税込)

「IPL」光源を利用した “フォトフラッシュ” 機能による美顔エステ。
エステサロンで行われる “フラッシュエステ” や “フラッシュフェイシャル” 等と言う言葉。1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?あるいは、実際に体験した事がある人もいるかと思います。
 ケノンのこの “スキンケアカートリッジ” は、これら プロ級のフェイシャルエステを自宅で!自分で!体験&実感できると言う、ケノンの人気を支えるものの一つ。

ではこの “フラッシュエステ”,”フェイシャルエステ” って実際どんなものなんでしょうか?

“フラッシュ・フェイシャルエステ・光フェイシャル” とは?

脱毛サロンやエステサロンなどで行われるこれらの施術は、もともとは 皮膚科や美容外科クリニックなどで行われている『フォトフェイシャル』を応用したもので、簡単に言いますと、

IPLと呼ばれる(ケノンにも採用されています)特殊な光を肌に照射する事によって、肌のターンオーバー(肌が生まれ変わる周期)をスムーズにし、肌細胞を活性化する作用があります。肌細胞が活性化されると コラーゲンやヒアルロン酸を自らの力で発生させられるようになり、それによって シミやソバカスなどの肌トラブル、また エイジング効果などが、その光の熱エネルギーで、徐々に改善・解消していきます。

 
 と言うものです。
“フォトシェイシャル” に関する詳しい内容は、別ページに記載していますのでそちらを参照してください。ここでは至極簡単に要点だけ..

 つまり、ケノンに装着したスキンケアカートリッジから発せられる光(IPL)によって、医療クリニックでの「フォトフェイシャル」、脱毛サロンやエステサロンでの「フェイシャルエステ(光フェイシャルなど呼び方は様々)」と同じような、美白・美容効果が得られる と言う事。

ですが、ケノンでの “脱毛時” も、おんなじ原理で “IPL” による光の熱エネルギーで毛根を刺激し、脱毛を促す と言う方法です。
 同じIPLならわざわざカートリッジを変えなくてもいいんじゃないの? と、思いませんか..

“美顔カートリッジ” は気の利いたできるヤツ!

「美顔カートリッジがなんで別になっているのか?」と言う疑問。同じIPLの光ならば特に別にする必要はないんじゃない?なのにわざわざ別にする理由は・・・?

と言うのは・・ やはり脱毛器ひと筋 十数年?かけてきたエムロックさん。
ユーザー目線第一に考えてくれています。

顔の皮膚というのは、体の中で最もデリケートな皮膚のうちの一つです。そんな cho!デリケートな部分を、体と同じ出力の光で処理をする というのはまさにリスクを伴う行為。

もし、カートリッジが脱毛も美顔もおんなじモノだったとしたら・・
たとえケノンが他社脱毛器にはない、肌に優しいとされる 『6連射(連続6連ショット)』という優れた機能を持っていたとしても・・ 
 果たしてそれは “顔” という女性にとっては、まさに「命」!とも言える部分に、体と同じ光でいいのだろうか・・ と思ってしまうかもしれない。

そんな事を考えて.. なのかは定かではありませんが、”美顔カートリッジ” という別商品を開発してくれた エムロックさんの、まさにユーザー目線での配慮 ではないかと考えるわけです。

その証拠に「スキンケアカートリッジ」には、脱毛用とは違う特別な機能が付いているではありませんか!

“スキンケア(美顔)カートリッジ” の黄金比率!?

『光10連射(光連続10連ショット)』
この機能もケノン初!業界初!の機能です。

“10連射”。そのスピードたるや・・「スーー(←謎の機械音)カカカカカカカカカカッ!」てな感じ(公式サイトには「スパパパ…ン」となっていますが 個人的には「カカカカ」に聞こえます)で、とにかく早い!・・何秒くらいなんでしょうか?
2秒?3秒?おそらくその辺りですね。

 処理時の照射の感じは、やはり脱毛用とは違って 「肌に優しいソフトな光」という感じです。肌に当たる光はマイルドですが、実際に照射された総出力は、肌トラブルを改善するのには十分は量の光です。