ケノン美顔器で毛穴の黒ズミ改善.イチゴ鼻対策はケノンで決まり!!

毛穴の黒ズミがイチゴの種を連想させ、鼻の形も相まってイチゴに似ていることからネーミングされた『イチゴ鼻』。ホントその通りだと感心している場合ではありません。

皮脂の分泌が激しい小鼻周りから鼻全体にかけては毛穴に皮脂がたまりやすく、黒ズミになりやすい箇所です。溜まった皮脂が酸化するとポツポツと黒い塊となって目立つように。イチゴ鼻の原因は皮脂だけではありません。そして黒ズミ以外にも毛穴のトラブルにはいろんなものがあります。

このページでは、ケノンの美顔機能でそれら様々な毛穴のトラブルを解消することができるのか、という部分を検証していきたいと思います。

ケノンの美顔機能で毛穴が黒ズミを解消することはできる?

ケノン 美顔 毛穴
イチゴ鼻だけでなく、毛穴の黒ズミは多量に分泌された皮脂や古い角質が毛穴にビッシリと詰まって角栓となり、それが酸化することによって黒ズミとなり己を主張するようになります。

黒ズミの特徴としては、毛穴のポツポツだけでなく洗顔などで黒ずみが発生している部位を洗うとザラザラした感触がします。このような毛穴の黒ズミを解消するのにケノンの美顔器による光フラッシュは大変有効です!

毛穴ケアはヘタに強引な処理をしようとすると逆効果に?!

毛穴の黒ズミをなんとか解消するために、まずする事といえば「市販されている様々なケア商品を試す」こと。

市販されている毛穴ケア商品はいろんな種類があり、お値段もそれなりにお手頃価格だったりするので、すぐにでも解消したいと思っている人は飛びつきやすいといえます。

ですがこれらのケア商品でする 強引な毛穴ケアは、実は逆効果につながる可能性を秘めています。

割とメジャーな方法として1度は試したことがあると思う商品も含まれていると思いますが、毛穴ケアでメジャーな商品を紹介したいと思います。

|毛穴パック.

毛穴パックは洗顔だけで取り除くことが難しい毛穴の奥の汚れ(黒ズミ)を吸着して取り去るというもので、角栓をイッキに綺麗にできるメリットがあります。

が、一方で 最低限肌に必要な油分や水分までをも奪い去ってしまうというデメリットがあります。またパック剤が肌に付着したまま残ってしまった場合、肌トラブルに発展するケースもあります。

毛穴パックには洗い流して使うタイプと吸着して使うシートタイプのものがありますが、そのどちらも肌にとっては大きなダメージを与えます。
シートタイプ(吸着式)・・上記で説明した通り、シートで角栓を吸着してイッキに取り去ることができるという一見画期的な商品です。ですが、本当に肌に必要な角質や皮脂までをも取り去ってしまい、処理をした後の毛穴には何も残らない状態。すべて根こそぎ持っていかれた毛穴には 逆に雑菌が侵入する可能性が高く、このような雑菌の繁殖によってニキビなどに発展する恐れがあります。

洗い流すタイプ(クレイ/泥などを使ったパック)・・こちらもシートタイプ同様、必要以上に皮脂を取り去ってしまいます。肌にはある程度の皮脂は必要で、すべて取り去ってしまうと肌は無くなった皮脂を取り戻そうとして過剰に分泌するようになります。そうして出来上がるのが「脂性肌」です。

|ピーリング剤(ピーリング石鹸や酵素洗顔料による洗顔).

そもそも「ピーリング」自体が、古い角質をこすり取る・剥ぎ取るというものです。

ピーリング石鹸や酵素洗顔料などは、いずれも皮脂や角質を取り除く作用があるとされる酵素が配合された洗顔料のこと。これらの洗顔料を使うことで角栓の元となる古い角質をケアすることが目的ですが、このようなピーリング剤の使いすぎや肌質に合わない材料により、かえって肌トラブルを招くケースが多発しています。

使用の際は、原材料のチェックや正しい使用方法をシッカリと確認する必要があります。

|重曹洗顔.

重曹(炭酸水素ナトリウム)というと、掃除や洗濯などで大活躍の粉末剤ですが、この重曹を洗顔料に少量混ぜて使う方法が重曹洗顔です。

口コミで徐々に評判になったこの方法は、毛穴の黒ずみや詰まっている角栓をキレイに取り去ってくれる効果が期待できるとされています。ですが、そもそも「重曹」というのは、食用や工業用・薬用・掃除用として製造されたものはありますが、スキンケア用という用途で製造されたものは無く、肌に直接使うものとして安全性に疑問が残ります。
 
 
自宅でする毛穴ケアはケノンでの光エステ以外でもこれだけの種類があります。が、どの方法もキチンと正しい方法でおこなわないと逆に肌トラブルへと発展する可能性を秘めています。

フラッシュによる美肌ケアはもともと美容医療って知ってた?

美容医療でおこなわれる美肌治療のひとつに『IPL(インテルス・パルス・ライト)』を使った治療法があります。これはIPLという光の特性を利用して様々な肌トラブルを解決できるというもので、高い美肌効果が期待できます。

アメリカルミナス社開発の機器による『フォトフェイシャル』として有名な治療法。1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。そのフォトフェイシャルによる施術では ”毛穴ケア” も含まれます。

フォトフェイシャルに使われるIPLの光の特徴のひとつとして、黒色(メラニン色素)に反応するという性質があります。毛穴の黒ズミなどはいいターゲットとなるため、非常に反応しやすいトラブルといえます。

その他にも、このフォトフェイシャルの作用の中には皮膚の真皮層にある「繊維芽細胞」にまで働きかけ、細胞の活性化を促します。活性化された細胞からはコラーゲンが徐々に生成されるようになり、肌の弾力・ハリといった美肌効果にあらわれます。

肌に弾力やハリが戻ると、必然的に毛穴が引き締まり目立たなくなるという仕組みが出来上がります。このようにIPLによる毛穴への効果は、早い人では照射した翌日に実感できるケースもあり、フォトフェイシャルを導入しているクリニックは多数あります。美容医療でのフォトフェイシャルはかなり評価の高い施術方法です。

ケノンの美観機能はIPLと同種の光「パルスライト」による光エステ!!

ケノンのスキンケアモード(美顔器モード)で使われている光は「パルスライト」という光です。この光は「IPL」とほぼ同等といえるもの。

ですが、サスガに業務用の美容機器と家庭用脱毛器では出力設定の違いがあります(家庭用脱毛器の安全基準があるため)。その代わり?に回数制限がありません。

前述した美容クリニックの ”フォトフェイシャル” やエステサロンでの ”光フェイシャル” では、1回毎の料金で施術がおこなわれます。その金額は(施術の内容によって変わりますが)1回1万円近くするものもあります。

一方家庭用脱毛器であるケノンでは回数制限などはイッサイ無く、自宅で好きなだけ 何回でも処理できます!ケノンの美顔器は、出力では勝てないまでも回数をこなすことで美容クリニックやエステにも負けない毛穴ケアが実現できると言えるのではないでしょうか。

事実、ケノンの美顔効果・脱毛効果に関する口コミでは、「エステやクリニックの施術と同じ感じがする」というような趣旨の投稿を何件か見かけました。毛穴に関する口コミでは脱毛モードにも関わらず、照射翌日には毛穴の引き締め効果・肌のハリなどを実感している人もいるほどです。

ケノンでの美顔モードで(ともすると脱毛モードでも)毛穴の黒ズミを改善する作用は、十分に期待できるといえます!

毛穴の黒ズミや開きの原因は体の内的要因も関係する?!

ケノン 洗顔
そもそも毛穴の黒ズミや拡張といった様々なトラブルは、皮脂分泌が過剰すぎたり肌のタルミが原因だったりするワケですが、そのさらに根本となる要因というものがあります。

例えば、毛穴が詰まって角栓が出来てしまうそもそもの原因は肌の乾燥から来ています。さらにその乾燥の原因には様々な要因がある・・というように毛穴のトラブルにつながるまでにはあらゆる要因が絡み合っているということ。

その様々な要因というのは、間違った洗顔・紫外線・スキンケアの怠慢・悪しき生活習慣による肌のターンオーバー抑制、などとにかくいろんな要因が考えられます。

毛穴トラブルの改善はケノンでも十分に期待はできますが、自身の身の回りで上記のような要因がひとつでも思い当たるようであれば、まずはそこのところも改善する努力をする必要があります。そうすることで、ケノンでの美顔効果も一段とアップすることでしょう!!