ケノンの美顔器はニキビ跡にも効果アリ?!-美顔機能口コミ-

年齢を重ねるに従って治りにくくなる「ニキビ」。

若者の象徴、青春の証!でもあるニキビ・・年は取りたくないもので、30すぎるともはや「吹き出物」とも呼ばれます。。
若い頃はイヤでイヤで仕方がなかった あのニキビも、見れなくなった今では懐かしさすら感じますが・・

ケノンの美顔機能は、ニキビ跡で悩んでいる全ての人の悩みを解決できる可能性を秘めた「美顔器」です。

あの頃の自分にケノンをプレゼントしてあげたい..

ケノン 美顔器 ニキビ
いつまでもホホやアゴに残ってしまうニキビ跡。気になりますよね.. もうシミと化してしまったんじゃないかと思うくらいに皮膚の内部に定着している あの茶色いヤツ。コンシーラーでも塗らないと隠せないような場合もあります。

こういったニキビ跡は、そのままにしておくと肌がくすんで見えてしまう原因にもなります。できるなら美容クリニックにでも行ってサッサと治したいものですが、行く手間もかかりますしなにより経済力がついていきません。

ケノンの美顔器(スキンケアモード)でニキビ跡が改善できる理由は?

ケノンの美顔器を使っている人の中には、ニキビ跡にも効いたという口コミも多く、ケノンの光フェイシャル(美顔機能)の効果の高さが伺えます。

ケノンが使っているIPLというフラッシュ光は、実際に美容外科クリニック等で行われている「フォトフェイシャル」で使用するIPLと同じ種類のものです。もちろん原理も同じ。

「フォトフェイシャル」による施術では、シミ・ソバカス・たるみ・くすみなどの様々な肌の悩みに効果を得られます。

そのように効果のある “フォトフェイシャル” とほぼ同じ原理でケノンの美顔機能は作られている、ということは、ケノンでもフォトフェイシャルと同じような効果が期待できる ということに他なりません。

ケノン美顔器効果口コミ.

事実、口コミでは数多くの方達がそのように語っています。

£ 美顔機能についてはホームページにあまり情報が無かったので、少し不安でしたが…(中略)使用後は、おぉ!肌のすべりが普段と違ってつるっつるになるし、ほほもキュッとあがります。そしてシミ。こめかみにおばあちゃんみたいなシミがあって気になってましたが、3週間でウソでしょ(大げさか)と思うくらいうす〜くなりました。特効薬が見つかって本当にうれしい。ちょっと感動しました。〈Mさん.40代/女性〉

£ これまではエステサロンのフォトをしてましたが、一回一回にかかる金額と、通う手間を考えて、自宅で出来るものを探していました。
これまでも美顔機はいくつか購入したことはありますが…(中略)一番実感できたのが肌のハリ。細かく目立っていた小じわが、だんだんとうっすらとしてきたのが分かります。シミはすぐに消えるというワケにはいきませんが、前より小さくなっている気がします。続けることで、どんどんよくなっていることは間違いありません。エステサロンでは1ヶ月に1回しか出来なかったフォトが、好きな時に出来るのもいいです。とにかく買って正解でした。(Bさ.40代/女性)

£ 正直あまり美顔には期待してませんでした。だから脱毛ばっかりで最初は美顔カートリッジを使っていなかったのですが、脱毛がある程度終わって、美顔を試してみようと思い使ってみたところ、あれ?あきらかに次の日のお化粧のノリが違う?さらに継続して週に2回くらいのペースで使っていると、あれあれ?ちょっとホホが上向きになってる?お肌が引き締まってきてる?・・・と、なにやら良い効果が出てきました。これは明らかにケノンのおかげ!こんなに変わるならもっと早く使い始めてればよかったです。ご近所の奥様方からもエステでも行き始めた?と聞かれますが、ケノンの存在は教えてません(笑)(Hさん.40代女性)

《ケノン公式販売サイトより一部抜粋》

ケノンの美顔器に対する口コミは尋常ではないくらいに膨大で、上記の口コミは公式サイトからの抜粋ですが、販売元によると「何も手を加えていない純粋にユーザーによる投稿を掲載している」ということで、まさに生の声です。

公式サイト以外でも、「@cosme」や「楽天」「Yahoo!」など大手ネットショップでの投稿にも目を通しましたが、ほとんどが高評価での投稿で埋め尽くされています。

ケノンの美顔器はなんでニキビ痕に効くの?

ケノンが美容医療でも使われるフォトフェイシャルと同じ原理でのフラッシュ照射であることは理解できましたが、では「ニキビ跡」に関して、どのような理由で効果があるのでしょうか。

《ニキビ跡が改善される仕組み》

まずIPLという光の説明から入ることになります。

IPL(インテルス・パルス・ライト)という光はレーザーのように単一の波長の光ではなく、およそ500Nnm〜1000nmまでの広領域に及ぶ波長の光を収束したものです。

この光をニキビ跡を含む皮膚全体に照射することで、メラニンを吸収する波長の光や赤色を吸収する波長の光、また水分を吸収する波長の光などあらゆる効果を持った波長の光の効果で、ニキビ跡の中に含まれる原因を解決していくのです。

特にニキビ跡にはIPLが推奨されています。というのが、ニキビ跡の場合は通常のシミと違い炎症の影響で皮膚内部にはメラノサイトが活性化されている状態で、普通にレーザーなどで治療した場合さらにこのメラノサイトを活性化させてしまい治すどころか逆に悪化させてしまう可能性があるのです。

一方IPLによる照射の場合、表皮の色素は吸収しますが皮膚内部のメラノサイトには刺激を与えません。よって徐々にニキビ跡が薄くなっていくことになります。また赤色を吸収する光によって多少炎症が残っているニキビも改善の方向へと向かわせることが期待できます。

さらにケノンの美顔器(スキンケアカートリッジ)を使用することで、細胞自体に働きかけてコラーゲンなどのハリやツヤに必要な美容成分の分泌を促す という作用も期待できます。

このように肌の活性化が進むことで皮膚のターンオーバーも早まり、そうするとさらにニキビ跡の改善も促進されたり毛穴の開きや肌のキメの改善効果ものぞめます!

こうして徐々に、クスミも取れていき、明るく弾力のあるキレイな肌へと変化していくのです。

ニキビにも種類があることを知っていますか?

ニキビを治そう!治したい!と思ったらニキビについて知ることが大切です。

ニキビはなんでできるのか、原因はなんなのか、ニキビができるメカニズムなどをしっかりと理解して適切な処置を取れるように準備をすることで、ケノンでの照射が効果をのぞめるニキビなのかどうかを判断することができるでしょう。

《ニキビができる原因》

「ニキビ」ができる原因は ”皮脂の過剰分泌” によるもの。その過剰に分泌された皮脂がなんらかの理由で毛穴の入り口に詰まり、毛穴を塞いでしまう事でニキビの進行が始まります。

この時点ではまだ炎症を起こしていないので、毛穴の中に詰まっている塊(コメド)だけ押し出すことで痕にならずにきれいに治ることもあります。

炎症が進み膿んでしまうと色素沈着を起こしたりクレーターと呼ばれる凹みあとが残ったりする可能性があるので、たかがニキビと軽く考えずに「病気」と認識して早急に対処することが重要です。場合によってはすぐに専門医にかかり付けになるほうが結果的に費用がかからずに済む場合もあります。

《ニキビの種類》

ニキビは主に4種類に大別されます。
|白ニキビ・・・白ニキビは見た目的にはニキビのようには見えず、ただのブツブツができているような感じです。
化粧をしたまま寝てしまったり、スキンケアを怠ったりすることで毛穴の入り口が詰まり、皮脂分泌がうまくいかずに「コメド」を形成してしまっている状態が白ニキビ。いわゆるニキビの初期の段階を言います。

|黒ニキビ・・・白ニキビからさらに進化して皮脂の流れが滞ってくると、押し出されるようにして毛穴の入口が開き、コメドが表面に顔を出します。そのコメドの皮脂成分が空気に触れて酸化する事で黒く変色し黒ニキビとなります。白ニキビよりもまた一歩進んだ状態のニキビですが、まだまだ初期段階です。

|赤ニキビ・・・白ニキビ・黒ニキビのさらに進化系が赤ニキビです。毛穴に詰まった多量の皮脂からアクネ菌が増殖し、多量の代謝物質を出します。これによって毛穴周辺の皮膚組織が刺激され炎症となり赤く晴れた状態。このように炎症を起こした段階でニキビ跡ができることは確実です。炎症を起こすということは周囲の皮膚組織を破壊していることなのです。1度でも赤ニキビになってしまうと再びその毛穴からニキビが再発しやすくなり、その度に起こる炎症で毛穴周辺の皮膚組織がどんどん崩壊し、クレーターが完成するという仕組みです。

|黄ニキビ・・・赤ニキビをさらに放置していると膿を持って化膿した状態になります。それが「黄ニキビ」。ニキビの最終段階です。化膿した状態の膿が黄色っぽく見えることから黄ニキビと呼ばれます。こうなると周辺の皮膚組織のダメージは大きく、凸凹のお肌に悩むハメになります。

《ケノンでできる対策》

上記のようにニキビには段階というものがあり、その段階別に種類分けがされています。この中でケノンでのケア(予防)がまだ間に合うのは、ギリギリで黒ニキビまでです。ケノンのIPL光には殺菌作用のある波長の光も含まれていますので、照射を重ねることで肌を清潔に保つように働きかけ、ニキビの進行を遅らせる効果が期待できます。

ですが赤ニキビ以降に突入すると、もはやケノンでの照射は逆効果になりかねないため、経過観察するしか手立てはありません。炎症が収まり、ニキビ跡の状態まで枯れてきたときに再びケアを開始することになります。

ケノンの美顔器は使い続ける事が重要.

美顔器(スキンケアカートリッジ)での美顔機能の効果を実感するためには、
「一定期間使い続けること」が重要です。

例えば、エステサロンや美容外科クリニックなどにわざわざ出向いて施術を受ける場合でも、ある程度通い続けることが条件になる(通常 施術は1回では終わらない)と思います。ということは、ケノンでも同じことが言えます。
 ただ、ケノンでの美顔処理は、いつでも、どこでも、自分の好きな時に行える点が違います。使う頻度は、ケノンの取説に従えば2週間間隔ですが、より早く効果を得たいのであれば、1週間間隔でも・・

ニキビ跡が消えた後の自分をイメージして、根気強く続けることが大事です。