ケノン美顔器(スキンケアカートリッジ)がタルミにも効くという件.

顔のたるみの原因。それは、コラーゲンとエラスチンの絡み方が緩くなったことによるもの。”コラーゲン” という単語は過去に1度は耳にしたことがあると思います。
今ではそこら中で「コラーゲン、コラーゲン」と連呼してますから・・
 では「エラスチン」は?聞きなれない単語ではないでしょうか。

たるみに効く?”コラーゲン”,”エラスチン” とは?

“エラスチン” とは、

コラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの繊維をつなぎとめるようにして支えている弾力繊維。
皮膚や血管など弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があり 肌に柔軟性を与える物質。
(http://sp4u.jpより一部抜粋)

というふうに密接に関係している “コラーゲン” と “エラスチン” 。
この関係が “緩まる” ということの原因は、「紫外線によるダメージ」,「ストレス」,「睡眠不足」などの日頃の生活態度にあると言われています。

知らず知らずのうちに積み重なっているわけですから、気付いた時にはすでに緩みは始まっていて 結果、肌はタルんでいる状態。
そんな、タルんだ肌を解消させることができるのが「フォトフェイシャル」です。

このケアを受けるのが早ければ早いほど効果を期待することができます。そして、その「フォトフェイシャル」が簡単に自宅でできてしまう。それを可能にしたのが、ケノンの美顔器(スキンケアカートリッジ)の美顔機能というわけです。

どのようなメカニズムでタルミが解消されるのか.

ケノンが発することができるIPLフラッシュ光は、肌の奥深く “真皮層” に達することができます。その結果、真皮層にある『繊維芽細胞』という コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を分泌する細胞に働きかけることによって、これらの美容成分の分泌を促すわけです。

 通常、外部からいくらこれらの成分を補給(化粧水や美容液を塗ったり)したところで、肌の表面にとどまるのみで、なかなか肌の奥にまで浸透させる事は難しいのです。「タルミが取れる」ようになるためには、真皮層にあるコラーゲンとエラスチンの関係を元のように戻す、量が少なければ増やす、しかありません。
 ケノンで定期的にケアをし続ける事で、少しずつタルミが解消されていく効果を実感できる事と思います。

また タルミだけではなく、肌をいつまでも若々しく保つ秘訣は、コラーゲンとエラスチンの関係が必要不可欠!どちらかが減ったり、どちらかが増えたり、というのではなく、丁度いいバランスが大切です。