ケノンの美顔用と脱毛用の
カートリッジは波長が違う?

スキンケアカートリッジが他の脱毛用のカートリッジと区別されている理由は、単に「顔用」と「からだ用」と言う区別だけではありません。

同じ「IPL」と言う光でも違いがあるの?

ケノンは、脱毛用もスキンケア用も同じ “IPL” という光を採用しています。
 IPLという光は、レーザー光線のように、1つ1つ名前があって 波長も決まっている、というものではなく、レーザーの波長までをも含む全ての波長の光をひっくるめた、広範囲の光を集めて 照射する方法の事で、あらゆる波長の光を取り込む(紫外線などの有害な光はフィルターで取り除かれる)ため、それぞれの光が打ち消し合い 光単体としての力は弱くなりますが、全体的にいろんな症状に作用する という利点があります。

ケノンで使われている個々のカートリッジには、それぞれ 用途に応じた波長を発する事ができるランプ(キセノンランプ)が使用されています。ここのカートリッジの最高出力は、元々 ケノン販売元が出力数などの公表を一切していないので、具体的な出力数はわかりません。が、個人的には、脱毛サロンにも匹敵するのではないか?とフんでいます。

つまり、「スキンケアカートリッジ」と「ストロングカートリッジ」は言わば別格のカートリッジ という事ができます。

スキンケア(美顔)カートリッジは顔に応じた柔らかい光.

「スキンケアカートリッジ」を装着すると、ケノンは美顔モードになり、レベルに応じて回数を変える連写モードへと移行します。これは、脱毛と同じ出力での照射を “連射” に変える事で、1回に発射する光の波長を短くし、肌表面の組織のみを改善するための光(フェイシャルエステ) へと変換させている のです。 

 なので、実際に皮膚に触れる光は、非常にやらかい光が数回にわたって発射されることになり、皮膚組織の活性化が促進される というわけです(光エステ)。

「スキンケアカートリッジ」は絶対に手に入れるべき!

以上の点を考えたら、ケノンの “スキンケアカートリッジ” が、「なんだか効きそうだな」という感じがしてくると思います。
 実際のところ、「脱毛よりもこっちの美顔機能の方が気持ちいい!」「旦那の顔もキレイになってる気がする..」という声も多く、ケノンを脱毛のみで購入された方も、意外な掘り出し物感覚 といったところではないでしょうか。

この「スキンケアカートリッジ」は、そこらへんの電気屋さんで売っている美顔器にも匹敵する・・ いや!ヘタな美顔器を買うよりもまし! な、レッキとした美顔機能を持ったカートリッジであることは間違いありません。ぜひ1個は手に入れておいて損はないかと・・