フォトフェイシャルとは.

「フォトフェイシャル」という言葉は、よく美容用語で使われていますが、実は “フォトフェイシャル” と呼称していいのは、「医療で行われ」「医療で使われるフラッシュ機器を使用した」スキンケアに限られています。

光によるフェイシャルって医療とサロンで違いがあるの?

脱毛エステやエステサロンでもフォトフラッシュを使ったスキンケアは行われていますが、「光フラッシュ..」や「フラッシュフェイシャル..」など様々な呼び方をしていると思います。

 基本的な原理としては同じで、扱う光も『IPL(インテルス・パルス・ライト)』という 特殊な光。”IPL” という光には、肌に有害な光(紫外線)を除いた複数の波長の光が含まれていて(ちなみにレーザーは1つ1つが単一の波長を持つ)それぞれが、それぞれの異なった症状に働きかけることで、シミ・ソバカス・小じわ・ニキビ跡・赤み・ハリ感 などを同時に改善することができるわけです。

違う点があるとすれば、医療行為=治療 としての、美肌づくりを目的とする「フォトフラッシュ」では、あらゆる肌トラブルに対応していて、”根本的な肌の改善” と言う事ができますが、サロンでの「光フラッシュ」では、あくまでも美容(フェイシャルエステ)として、”改善を促す” ための施術 とでも言いましょうか・・

 エステなどで行われる 「フェイシャルエステ」では、主にマッサージなどによる “小顔” や “痩身” “美肌” などが期待できます。

「フォトフェイシャル」のメリット・デメリット.

 フォトフェイシャルのメリットは、(さっきも書きましたがしましたが・・) 
何と言っても、複数の肌トラブルを一度に改善できる と言う事。レーザーのような単一の波長では「1つのトラブルに対してコレ」と、特定しなければ治療ができませんが、”IPL” と言う特殊な光、波長の幅が広い事で、顔全体のトラブルを解決すると言うメリットがあります。

さらに、レーザーのように肌を傷つけるリスクもなく、他の正常な組織には影響がありません。

 デメリットとしては、たった1度の施術では改善されない場合が多く(個人差あり)、複数回の通院が必要 と言う事くらいでしょうか。

“フォトフェイシャル””フェイシャルエステ”どっちを選ぶ?

うーーーん。難しい問題ですが・・
 やっぱり「自分がどの程度の結果を望むか」にかかってくると思います。
例えば、目尻のシワやほうれい線・ホクロ など、全般的に気になっている部分を、根本から治療したい! と言うのであれば、医療でのフォトフェイシャル。
表面的な悩み、シミ・シワ・たるみ などを改善したい! と言うならフェイシャルエステ。と言う感じ?

そこらへんは、個々のお財布事情などもあると思いますので、まずは 目的を決めることが先決かと思います。