フォトフェイシャルの
施術内容ってどんな感じ?

初めて美容外科・クリニックを訪れる人は、ちょっと緊張が先走りがちで、なかなか二の足が踏み出せない と言う方も多いと思います。
 ですが、昨今の脱毛ブーム・エステブームで、美容系のクリニックは急増しいて ほぼ乱立状態? ・・と言うのは言い過ぎですが、とにかく 一昔前に比べると、かなり敷居は低くなっているのではないでしょうか。

 そんな美容外科・クリニック事情?ですが、気になるのは「フォトフェイシャル」の施術風景。エステとどう違うのか?とか言ったところをチェックしてみたいと思います。

「フォトフェイシャル」の施術方法.

「美容クリニックに行く人って、どんな症状でいくのか気になる・・」「自分のように軽い気持ちで行っても大丈夫?」と言う疑問は多少なりともあると思います。
なんてったって、クリニックは一応 “病院” なんですから。、

でも 意外とそこまで深刻に考えなくても大丈夫です。軽〜い気持ちでモチロンOK!
どのような施術をするのか は、そのクリニック及び美容外科がどんな機器を導入しているか、によって違ってきます。
 基本的には、専用の冷却ジェルを塗った後、数種類の波長(560,590,640など)の光を使って、改善したい症状によって その症状に一番効く波長の光を、そのジェルの上から照射します。

冷却ジェルは、皮膚の表面にフラッシュの熱が貯まるのを防止し、炎症や色素沈着を防ぐ役割があります。

照射時間は、顔全体で 時間にして10分〜20分ほど。
 照射が終わると、ジェルを拭き取りクールダウンします。
クールダウンが終わると、だいたい全ての(1回の)施術は終了です。全部の処理が終わるのにはだいたい30分〜40分くらいが相場です。

施術後のアフターケア.

「フォトフェイシャル」では、エステのように “マッサージ” や “ダウンタイム” がありません。が、照射後 痛みを感じたり、赤くなったりする事はほとんどなく、すぐに化粧をしてもOK。基本的に生活に支障をきたすような事は一切ありません。

 照射後に注意しなければいけない事は、「紫外線に当たらない事」。
“フォトフェイシャル” を受けた後の肌は、外部の刺激に敏感になっています。施術当日は、日焼け止めを持参するなどして、極力紫外線を避けるようにし、照射後の肌を保護しましょう。

「フォトフェイシャル」をオススメする人.

「フォトフェイシャル」は、肌トラブルを改善すると同時に、肌の美容にも効果があるため シミ・ソバカスなどの症状を改善しつつ、エイジングケアもしたい方などにはオススメです。

 レーザーに比べると、痛みなどがほとんどなく エステ感覚での通院です。
料金の相場としては、1回の施術で だいたい¥10,000-〜¥20,000- の間。回数のセット(3回,5回,6回などクリニックによってマチマチです)ですと、よりお得になるようです。