肌のタルミにもケノン美顔器(スキンケアカートリッジ)が効くという件.

顔の頬など肌のタルミの原因、それは皮膚の深部 真皮層にあるコラーゲンとエラスチンの絡み方が緩くなったことによるもの。「コラーゲン」という単語は、今ではかなりメジャーな単語で女性であれば1度は耳にしたことがあると思います。

今ではそこら中で「コラーゲン、コラーゲン」と連呼されている状態です。では「エラスチン」については?なかなか聞きなれない単語ではないでしょうか。

肌のハリに欠かせないそれらの成分の詳細、そしてハリを取り戻すためにケノンの美顔器(スキンケアカートリッジ)は効果があるのか、その辺を探ってみました。

肌のタルミに効く?コラーゲン・エラスチンってどんな成分?

肌 タルミ
年齢を重ねると次第に気になってくるのが肌の「タルミ」。顔を筆頭に体のあらゆる部分に締まりがなくなってきます。このようなタルミの原因は、肌のハリ・弾力といったものが失われてきたことによるものです。

ハリや弾力を失わせているもの、それは皮膚の真皮層にある「繊維目細胞」という細胞から生成されるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸といった、ハリ・弾力には欠かせない成分が減少したから。

ではこれらの成分がどのような役割をしているのか、詳しく解説していきましょう!

|エラスチンとは.

弾性繊維ともいう。コラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの繊維をつなぎとめるようにして支えている。
皮膚や血管など弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があり 肌に柔軟性を与える物質。真皮での含有量は2%〜5%を占める。エラスチンは真皮や血管では年齢とともに減少しシワの原因となる。

(※ Wiki参照)

コラーゲンと結びつきゴムのように伸びることで体のしなやかさや血管の柔らかさ、そして肌の弾力といった役割を担っています。エラスチンが体内に含まれるピークは20代。40代から徐々に失われる傾向にあります。いつまでも若々しく美しい肌をキープするためにはエラスチンの減少を極力抑えることが重要です。

|コラーゲンとは.

主に脊椎動物の真皮・靭帯・腱・骨.軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。体内に存在しているコラーゲンの総量は人では全タンパク質の30%を占めるほどの多さ。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

(※ Wiki参照)

もはや毎日の美容や健康にはなくてはならないものになっている「コラーゲン」。化粧品やサプリメントに用いられたり、食事でも「コラーゲンがたっぷり!」ともなると女性は飛びつきます。

タンパク質の一種であるコラーゲンは、体内のあらゆる組織に存在しており細胞と細胞の間にある「細胞外マトリクス」と呼ばれるものの主成分として、細胞同士を繋げて組織を形作り活動を維持します。

|ヒアルロン酸とは.

人体の水分維持に貢献しているヒアルロン酸。それを補うとして、健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品(いわゆる「飲むヒアルロン酸」)が存在する。ヒアルロン酸は飲んでも分解されて全身に散らばり、関節液に有効量移行する量を飲むことは実際に不可能であり、医学的に効果を証明されていない。が、経口摂取による皮膚の水分量増加が報告されている。また、腸管のTLR4受容体に結合することで、自己免疫疾患を抑制する可能性が示唆されている

(※ Wiki参照)

ヒアルロン酸はもともと人の体に存在する成分で、特に水分を保持する能力に優れた物質。その保水力はヒアルロン酸自身の重量の6千倍といわれています。人体の60%が水分であることを考えると、ヒアルロン酸がいかに人の体に無くてはならない大切な存在であるかがわかります。

ヒアルロン酸の主な働きは、「肌の保湿性/弾力の維持・肌のシワやタルミの予防・関節軟骨機能維持・老眼や眼精疲労の改善・体内の細胞の活性化/各種栄養素の運搬機能・卵巣の働きを助け生理痛の緩和や更年期障害の改善」などがあります。
 
 
というふうに密接に関係している コラーゲンとエラスチン・ヒアルロン酸ですが、これらのうちどれかひとつが欠けても肌のハリや弾力は失われてしまいます。

コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸が失われる原因は?

この3つの関係が “緩まる” ということの原因は、「紫外線によるダメージ」,「ストレス」,「睡眠不足」などの日頃の生活態度にあると言われています。

知らず知らずのうちに積み重なっているわけですから、気付いた時にはすでに緩みは始まっていて 結果、肌はタルんでいる状態。その他にもタルミを加速させる原因は様々です。

|筋肉の衰え.

筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。顔の部分でいうと「表情筋」が真っ先に思いつきます。表情筋は皮膚のすぐ下にある筋肉で、衰えると表面に影響が出やすい筋肉であるためかなりハッキリとわかります。

さらに顔のタルミの原因となる筋肉に「深層筋」というものがあります。これは骨についている筋肉で、肌に血液を送るポンプのような役割をしています。このどちらの筋肉が衰えてもタルミは発生します。

|姿勢の悪さ.

デスクワークでのパソコン作業が多い仕事をされている人にありがちな猫背で顔を突き出すような姿勢。この姿勢が定着してしまうことで頬のタルミが加速します。

顔だけでなく体全体、速に女性には絶対に垂れてほしくない部分、胸や お尻・お腹までタルんでしまうことに!たとえ20代という若さがあっても姿勢の悪さは老けて見える原因となります。逆に90歳を過ぎても背筋がピンと伸びて姿勢のいい人は若々しく見えるものです。

|糖質の多い食事.

普段から菓子パン・チョコレート・スイーツなど甘いお菓子系が多い人は要注意です。これらのスイーツ系は女性であれば、空腹時ついつい食べてしまいガチですが、できるだけ控えましょう。

また主食である米・食パン・パスタ・などもGI値、すなわち血糖値を上げやすくする食材です。「米」などは主食であることから、なかなか減らすというのも無理があります。そういう場合は、玄米や雑穀などを混ぜるだけでも かなり違ってきます。
 
 
たるみの原因には肌の3大成分の減少だけでなく、上記のように様々な要因が含まれているワケです。そんな、タルんだ肌を解消させることができるのが「フォトフェイシャル」。

このケアを受けるのが早ければ早いほど効果を期待することができ、タルミを防止することものぞめます。そして、その「フォトフェイシャル」と同じような処理が簡単に自宅でできてしまう。それを可能にしたのが、ケノンのスキンケアカートリッジによる美顔機能なのです。

どのようなメカニズムでタルミが解消されるのか.

ケノンが発することができるIPLフラッシュ光は、肌の奥深く “真皮層” に達することができまる光も含まれています。そのため、真皮層にある『繊維芽細胞』という コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸で構成されている細胞に働きかけることによって、これらの美容成分の活性化を促すわけです。

通常、外部からいくらこれらの成分を補給(化粧水や美容液を塗ったり)したところで、肌の表面にとどまるのみで、なかなか肌の奥(真皮層)にまで浸透させる事は難しいのです。「タルミが取れる」ようになるためには、真皮層にあるコラーゲンとエラスチンの関係を元のように戻す、量が少なければ増やす、しかありません。
ケノンで定期的にケアをし続ける事で、少しずつタルミが解消されていく効果を実感できる事と思います。

また タルミだけではなく、肌をいつまでも若々しく保つ秘訣は、コラーゲンとエラスチンの関係が必要不可欠!どちらかが減ったり、どちらかが増えたり、というのではなく丁度いいバランスが大切です。